美容業界で30回転職のゲイが教えるお金をかけない変身術

モテる人になれるプロデュースメニュー(準備中)

プロフィール

taka 1971年生まれ
パーソナルプロデューサー
Innovative human代表
株式会社マイソル取締役員

まずはじめに、僕のセクシャリティからお伝えしておきますね。僕はLGBTでありゲイです。そしてそれが直接の原因か定かではありませんが、これまでの僕の人生はかなり波乱万丈でユニークなものになりました。

化粧品やエステ業界で30回以上もの転職、そして400万以上の借金。

元々「美」に関するものが好きで無意識のうちに僕の価値基準になっていました。それが自分に対しても人に対しても、物事や生活に対しても全て「美」が価値観であり、あらゆる基準。

しかし、そんな自分の価値観や基準よりも「他者の価値観や基準」を優先した結果、他人軸な人生となり、転職を繰り返すことになったり、借金まで作ることになってしまいました(お恥ずかしい話です…)分かりやすく言うと「自分の好きなもの」「自分自身」を信じて生きることができなかったわけです。自信がなかったんでしょうね。

自分を否定し隠すことで磨かれたスキル

思い返してみれば、僕は子供の頃から「なんか他の人とは違うな」と、そんな漠然とした違和感を持っていました。まぁ今にして思えばゲイなので感性など周りとは少し違ったのかもしれません。

両親や周りの人達からは「〜であるべき」という価値観のもと、僕の好きなことややりたいことなどは比較的否定される事が多かったですね。

例えば「男らしくあるべき」「もっと◯◯であるべき」「よその子は◯◯なのにあなたは…」みたいな事をよく言われていた記憶があります(笑)

そのままの自分でいる事は、両親や周りの大人達から認められないんだと子供ながらに感じていた僕は、本来の自分を否定し隠すような人間になっていきました。そして両親や周りの人間の期待するような人物を演じるようになっていったのです。

その結果、他人の些細な表情や仕草から「他者が今何を求めているのか」「その中で自分がどう振る舞えばいいのか」などの観察力や洞察力、そして適応力という能力(スキル)は磨かれていたと思います。

そしてこれが僕の強みになり、社会人になってから仕事でも大いに役立つことになっていきました。

でも、ただ自分に自信がなく、弱かったということは紛れもない事実ですね。

常に自分なりのカッコ良さを追求

僕の場合、好きなことややりたいことを評価されない、つまり他者から自分が認められないと感じられること多かったので「人から認められたい」とか「注目を浴びたい」と言った承認欲求は強かったと思います。

そんな中、唯一無条件で認められる・褒められることが1つだけありました。それが「外見」です。

こんなこと言うと「絶世のイケメン」だと勘違いされるんですが、決してそんなことはありません(笑)でも、子供の頃から「外見」だけはなぜか褒められたんですね。だから自分が唯一自信が持てるというか、自分の存在意義を感じられることは「外見」を褒められることだけだったんです。

さらに、本来持っている僕の「美意識」によって自分なりの「カッコイイ」を追求し続けてきました。髪型や体型をはじめ、ファッションや立ち振る舞い、考え方などですね。

そしてそれは50歳目前になった今でも続けています。

転職を30回以上も成功させた理由とは?

社会人になりフリーランスになるまでの約20年間に渡り、サラリーマンとして「美」に関する業界で30回以上もの転職を繰り返してきました。当時はこの転職回数が多いこと自体が強烈なコンプレックスでしたが、今では自分の個性であると思っています。

僕はある意味器用なのか、色んな事が平均点くらいでできてしまうんですね(笑)決して高学歴だとか何かの能力に長けているわけではありません。むしろそういうものがない自分に劣等感を感じていたくらいです。

そこで、30回以上もの転職を成功させたことや、セールスやマネジメントで実績を残せた理由ってなんなんだろう?と振り返った時に思うのは、「自分の魅せ方」や「自己プロデュース力」が上手だったんだろうなと思うワケです。人に聞いてみてもそういう評価が多いんですね。

でも、これは自分の中では当たり前すぎて気にすらしていない部分。子供の頃からそうしていたので余計に無意識な状態でした。しかしこれが僕の「武器」であったというワケです。

この強みは転職を成功させただけにとどまらず、例えば営業の仕事では全国トップの成績を残すとか、マネジメントでも組織改革の成果を出すといった仕事の部分にも生かされました。また転職で環境が変わる度、新しい職場での人間関係を良好にできたのもそんな強みが生かされていたんだと思います。

セルフプロデュースで自分を表現してみる

「見た目」というのは自分が思っている以上に他者に大きな影響力を与えると思っていて、これまで化粧品やエステの業界で述べ10,000人以上の方を見てきて思うのは、自分の良さを知りそれを最大限に活かしていない人が多かったってことです。

その結果「自分に自信が持てない」「自分を上手く表現できない」という現実になっている。そしてそれは本人も望んでいない現実となっていました。

本当は「もっと自分を表現したい」「モテたい」「人気者になりたい」「人に認めてもらいたい」っていう願望があるのに「そう思うのはよくない」とか「どうせ自分は」ってその願望を見て見ぬ振りをしている人が多いなって感じていました。

と同時に「自分をプロデュース」することが苦手な人が多いんですね。

正直な話、僕はそんな人を見ると少しイライラしちゃうんです(笑)もっとこうすればいいのにとか、もっとこう見せたらいいのにとか思ったりしていました。それは、見た目や魅せ方というのが対人関係に非常に大きなウエイトを占めるってことを身を以て知っているからです。

なりたい自分になるために自分自身も努力し、他者の評価を得る。もしくはこんな評価を得たいからこんな魅せ方をする。自分だけの努力だけはダメだし、魅せ方だけでもダメ。その両方があってこそ自分と周りと現実が変わっていく。僕自身の経験を通してそんな風に思います。

これからの時代はセルフプロデュースの時代

今やSNSの発展によって誰でも気軽に自分を発信できる時代になりました。例えて言うなら、一人一人が芸能人のような感じですね。自分自身が商品です。

人には誰でも「人から認められたい」っていう承認欲求がありますよね。ただ承認欲求ってあまりいいイメージがないようですが、僕はこの欲求こそが大事だと思っていて、自分をもっと高めたいとか、成長させたいっていうモチベーションになるものだと思っています。

というか、承認欲求って今や人間の4大欲求の一つなので、あって当たり前だし、それを満たそうとすることはご飯を食べたりすることと何ら変わりません。だから否定したり恥ずかしいことではないということです。

だったら自分の中にある「承認欲求」を満たしながら、自分自身を成長させていく方が健全だと思うんですね。

恋愛においての彼氏(彼女)が欲しいや、結婚相手を見つけたい、仕事においてのセールスでお客様に良い印象を与えたいや実績を残したい、管理職として部下の信用を得たい、経営者として求心力やカリスマ性を得たい、個人事業主やフリーランスで顧客といい関係を築きたいなど、見た目や魅せ方を柱としたセルフプロデュースが大事な時代になってくると思っています。

要は、見た目を利用して「モテる人」「人気のある人」になろうよってことです。

僕個人的な意見ですが、自分の望むものを手に入れるために戦略的に自分をプロデュースする能力は今後ますます必要になるんじゃないかと思いますね。

見た目や自分に自信のない人のために

自分でどんどんキレイ(カッコよく)になっていける人がいる一方で、どうすればいいのか分からない、どう魅せればいいのか分からないという人も大勢います。

キレイ(カッコよく)になるのが最終ゴールではなく、その先に叶えたい何かがあると思うんですよね。それは恋愛や結婚なのかもしれないし、仕事のことなのかもしれません。何れにしてもキレイ(カッコよく)になることが先決。まずはそこから。でもどうやったらいいのかが分からない。

そんな方達に、まずは本来の魅力に気付いてもらってそれを引き出し、見た目をブラッシュアップする。そしてどう魅せるか?どう活かすか?っていう部分を戦略的にプロデュースしていきます。

もちろん見た目というのは「髪型」「体型」「ファッション」のこと。そして見た目だけを改善するんじゃなく、必要であればメンタルの部分まで徹底してサポートしています。意外とメンタルは重要ですからね。

1人でも多くの自分に自信のない方達の「見た目」を改善し、自分を素直に表現しながら、それぞれの願望が叶えられるよう全力でサポートできればいいなと思っています。

独立後の主な仕事

■通販企業 業務改善コンサルティング
■人材紹介企業 特別顧問アドバイザー
■個人向けパーソナルプロデュース
■講師業
■執筆業

趣味はトレーニングと料理

Copyright© セルフプロデュース塾 , 2018 All Rights Reserved.